マルセイバターサンドは六花亭のお菓子 類似品は?

【マルセイバターサンド】六花亭のお菓子!類似品は?

マルセイバターサンド

六花亭から販売されているマルセイバターサンド。

 

 

 

 

甥っ子が好きなのでちょくちょく買っていたんですけど。
甥っ子が、遠いところに引っ越ししていったのでまったく買うことが少なくなりましたね。

 

まぁ1個120円ぐらいしますから。
普通に考えたら、ありえないでしょ。

 

 

たしかにおいしいですよ。
でも1個120円でまずかったら、それこそ大問題だと思うので。
なんとなく自分的には、うまいものを食べたい人にはいいと思いますけど。
【コストパフォーマンスで見ると、値段相応】
と思っています。

 

 

で、値段さえ安ければ満足なわけで。
マルセイバターサンドに似たお菓子で、もっと安いものを探してみました。

 

 

 

 

 

ブルボンのレーズンサンド

自分的にはマルセイバターサンドの類似品は、東ハトのオールレーズンサンドっていうお菓子だと思うんです。
でも、なんか自分的にはあれをなかなか買う機会がなかったので…。
今回はそのお菓子に対してはスルーで。

 

 

ブルボンから販売されているレーズンサンドに注目してみました。

 

 

釧路のドンキホーテで1袋118円だっけかな。
そんな値段で売っていました。

 

ドン・キホーテは税別なので、消費税も考えるとマルセイバターサンドの120円は超えますね。
と思ったら、マルセイバターサンドも箱買いすると、1個あたり120円超える値段みたいなので。

 

そう思ったらマルセイバターサンド1個と、レーズンサンド1袋は似たり寄ったりな値段だってことになります。

 

 

ちなみにレーズンサンドの1袋の中には、8本入っています。
なので、値段的にはレーズンサンドのほうが大満足な量が入っていますね。

 

 

まぁ類似品の良いところは、値段の安さだと思うので。
値段が安くなかったのなら、お話にならないと思います。

 

地味にこのレーズンサンドって、売っているショップが少ないので。
北海道民からしたら
【マルセイバターサンドのほうが買いやすい】
と思います。

 

北海道に六花亭とか、たくさんありすぎるでしょ。
六花亭の数と、レーズンサンドを売っているショップの数を考えたら。
六花亭の数のほうが多いと思います。

 

少なくとも釧路でレーズンサンドを売っているショップはドンキホーテ以外では見たことがないわ。

 

 

 

 

 

レーズンサンドの中身

で、ブルボンのレーズンサンドがどんなお菓子なのかというと。
こんな感じです。

 

 

あっはっは。
バター要素がないわ。

 

一応原材料にバターは使われているんですけど。
白っぽいバタークリームがないですね。

 

 

だから、類似品というより、まったく別物ともいえるかもしれませんけど。
サンドしているパイみたいなものは、しっとりしていて結構似ています。

 

 

でも自分的には、130円ぐらい出してマルセイバターサンドを1個買うより。
このレーズンサンドを1袋買って、8本レーズンサンドを食べたほうが満足できますね…。

 

 

たしかに1個でのおいしさでいえば、マルセイバターサンドのほうが上です。
でも自分的にはブルボンのレーズンサンド5本と、マルセイバターサンド1個が互角ぐらいに考えていいような…。

 

なので、レーズンサンドは1袋8本入っているので。
自分的にはブルボンのレーズンサンドのほうが好きですね。

 

 

まぁ、マルセイバターサンドはお土産な品だと思うので。
お土産として使える分だけ、味以外にもいろいろメリットがあると思うんです。

 

でも、レーズンサンドをお土産としてプレゼントすると、なんか
「なんで普通のお菓子?」
な感じになるので、そういうところの差もあるので…。

 

自分が実費でどちらを食べるのかといえば、レーズンサンドですけど。
お土産としてどちらを選ぶのかと言えば、マルセイバターサンドになりますね。

 

【レーズンサンド販売店一覧はこちら】
ブルボン レーズンサンド

 

というか、ブルボンはガトーレーズンという製品も販売していて。
むしろマルセイバターサンドの類似品はガトーレーズンでは?

 

 

東ハトのレーズンサンドか。
ブルボンのガトーレーズンが、見た目的にはマルセイバターサンドに近いと思います。

 

 

でも自分的には、なんとなくレーズンサンドをおすすめしたいです。
安いから!

 

 

たしかにマルセイバターサンドっておいしいんですけど。

 

冷静に広い目でみれば、マルセイバターサンドより値段が安い類似品って結構あるので。
マルセイバターサンドを自分が食べるように買う必要ってないのかもしれませんね…。

 

 

結局知っているのか、知らないのかの差というかな。
マルセイバターサンドが元祖なのか知りませんけど。

 

やっぱり知名度が高いと、それしか知らないので
「マルセイバターサンドを食べたい!」
と思いますよね。

 

 

でも知識があれば
「マルセイバターサンドを食べたいから、レーズンサンドでも食べるか」
な感じで、類似品に手を出して欲求を満たすことができるので。

 

まぁそう思うと、やっぱり知識というか情報というのは価値がありますね。
たしかにマルセイバターサンドと類似品では味の点ではマルセイバターサンドのほうが上だと思うんです。

 

 

でも味なんて好みですし。
値段が安いほうがたくさん食べれたりしますし、一般人には満足度があったりするので。
マルセイバターサンドの類似品の知識があれば、満足な生き方ができるかもしれません。

 

自分も知っていれば、甥っ子にこんな高いマルセイバターサンドなんて買って食べさせないで。
類似品を山ほど食べさせてあげれたのに!
どちらのほうを喜ぶのかは知りませんけど。

 

子供は上品なお菓子を少量食べるより、それなりの味のお菓子をたくさん食べたほうが満足でしょ。


ホーム RSS購読 サイトマップ