釧路泉屋 泉屋風

泉屋の泉屋風は塩スパゲティというより油スパゲティ?

釧路泉屋の泉屋風紹介

釧路泉屋でスパカツの次に人気だとされている
「泉屋風」
を紹介します。

 

 

画像は泉屋風の大盛りです。

 

釧路民はスパカツも好きですが、この泉屋風も人気があって。
自分は泉屋風をまったく食べたことがなかったので、期待していたんですけど…。

 

テーブルに来たときは
「あれ?イメージとちょっと違うかな」
なんて思いました。

 

 

なんかみずみずしかったです。
もうちょっと、パサパサなスパゲティを想像していました。

 

泉屋風は塩スパゲティとされていますけど。
実際は油スパゲティと言ったほうがいいかもしれません。

 

玉子が熱気によってスクランブルエッグの固いものみたいになるので。
それがちょっと苦手でした。

 

この泉屋風に、テーブルにあるソースをかけて食べるのがおいしいと一部の通からは評判です。
自分もやってみましたけど、周りのテーブルの人から奇異の目で見られたので、そこまで定番ではないようです。

 

 

 

 

 

よくわからない味

泉屋風を食べてみると
「まずくはない、普通においしい。でもなんかよくわからない」
そんな感じです。

 

自分はそんなにグルメではないので、なんとも言えないのですが。
本当によくわからないです。

 

そこまでなんども食べようという気にはならないんですけど。
これが人気なわけですよね。

 

 

気のせいか、他のサイトでみた泉屋風のほうがおいしそうな気が?
自分が大盛りを注文したから、見栄えがイマイチなのかな?

 

いろいろと謎です。

 

 

具になにか豪華なメインがほしかったですね。
安物っぽいハムは結構テンション落ちます。

 

でも、この安物っぽいハムが泉屋風の特徴なんだと思います。
今、この安物っぽいハムって売っているのか!?
最近まったくみかけない気がします。

 

 

まったく関係ない話なんですけど。
自分が子供の頃、ちょっと東京に行ったことがあって、そこでラーメンを食べたんです。

 

そこのラーメン屋のチャーシューの変わりが、この安物っぽいハムだったのでびっくらこきました。
チャーシューの変わりにハムでもびっくりですけど、この安物っぽいハムだったので、あのラーメンには衝撃を受けました。

 

家で親が作るラーメンのほうがうまいんですよ。
東京ってすごい街だと思いましたね。
うまいものもあれば、まずいものも探せばあるってわけなんでしょうね…。

 

 

 

大盛りでも普通に食べれる

泉屋風は大盛りでしたけど、普通に食べれました。
泉屋のスパゲティの中ではさっぱり系だと思います。

 

というかスパカツが油がすごすぎるというか、飽きやすい味なんですよ。
スパカツと比べると、泉屋風は飽きずに食べれます。

 

 

あ、上の画像はスパカツ大盛りを食べ終わった後の皿ね。

 

 

ただ泉屋風でも食べ終わった後は油がすごかったです。
泉屋のスパゲティの特徴は油にありますね。

 

 

ネットで評判の
「泉屋風にウスターソースをかけて食べる」
というのも実践してみました。

 

なんか普通でした。
たしかに味が変わって飽きずにすむところはいいですが。

 

一度ウスターソースをかけて食べると、かけないで食べたときに
「味薄いかも」
と思うので、最後の手段にしたほうがいいと思います。

 

 

後さっきも書きましたけど、ソースをかけるのはそれほど定番の食べ方ではないようで。
泉屋が混んでいるときは、周りから奇異の目でみられるので気をつけたほうがいいと思います。
小心者にはきついっす。

 

となりのテーブルのおばさんがじろじろ見てくるので。
なんか味わって食べれなかったです。

 

 

 

 

 

泉屋風あれこれ

泉屋風について調べてみると
「昔は泉屋風が安く食べれた」
みたいな感じで、昔から泉屋風を食べている人にとっては思い出の味みたいです。

 

 

でも2016年現在は普通盛りで800円なようで、普通に値段が高いです。
他のスパゲティよりは若干休めですけどね。

 

そして自分が泉屋風を始めて食べたのは2016年なので、思い出もなにもありません。
その分、そこまで感動するようなことでもないのかもしれません。

 

まぁスパカツ食べても感動するようなこともありませんけど。
スパカツは残した思い出とか、腹が窮屈で
「う…限界」
みたいな思い出しかないしなぁ。

 

 

この泉屋風を食べたとき、親と一緒に泉屋に行ったのですが…。
自分が泉屋風を食べ終わった後
「あんなのなら、スパカツ食べたほうがいいしょ」
みたいなことを言っていました。

 

まぁたしかに、見た目がスパカツほどインパクトがないですよね。

 

 

 

でも味なら泉屋風のほうが飽きずに食べれるんだよなぁ。
というかスパカツってどうしても泉屋の中で、味の点で上に位置する食べ物ではないと思うんですけど。

 

スパカツの食べ飽きやすさは異常だと思います。
一度
「うっ…やばいかも」
と思ったところからのスパカツは地獄ですからね。

 

 

泉屋風は、釧路民しか食べないのでは?
旅行してきて、泉屋風を注文する人は少なそうです。

 

泉屋のスパゲティの中ではあっさりしているかもしれません。
でも、それでも油多めのスパゲティなので高齢者は気をつけてほしいですね。

 

 

自分の中では、ピカタのほうがおいしかったです。
ピカタ>泉屋風>スパカツ
こんな感じです。
この3つが泉屋の代表するスパゲティだと思います。

 

それでも一番注文するのは間違いなくスパカツですけどね!
スパカツはやっぱりおいしさとか、そういう理由ではなく、選んでしまうなにかがありますね。

 

 

最後に泉屋風を食べて思ったことは
「昔、親が作ってくれた野菜炒めに味が似てる」
と思いました。

 

うちの親の野菜炒めってなぜか、油っぽくなるんですよね。
なんかその野菜炒めに、スパゲティを投入したような感じの味がしました。

 

なので最初食べたとき
「なんかどこかで食べたことがあるような…」
そんな気になりましたね。

 

というか、うちの親が作る野菜炒めがあまりにも異質すぎでしょ…。
なんであんなに油っぽいというか、みずみずしい野菜炒めになったんだか…。


ホーム RSS購読 サイトマップ