泉屋ピカタ

泉屋ピカタは味がまとまっている!ケンミンショーで紹介された スパカツより飽きずに食べれる

泉屋のピカタはケンミンショーで紹介された

泉屋のピカタといえば、ケンミンショーで紹介された食べ物です。

 

 

 

画像はピカタの大盛りです。

 

スパゲティの上に玉子が乗っている、いわゆる
「オムレツのスパゲティー版」
です。

 

テーブルに届いたとき
「オムレツのにおいがするな」
と思いました。

 

 

このピカタはケンミンショーで紹介されていましたね。
イタリア料理なのかな?
ピカタって。
それとはまったく違うピカタで、ものめずらしいように言っていました。

 

 

まぁケンミンショーもネタがないので、もう細かいところを突っ込んできますからね。
「釧路の人はお酒のしめにつぶ貝を食べる」
とか、ほんと細かい一部の層を狙ってくるのでネタがないのを感じます。

 

 

 

 

 

ピカタ、予想以上にうまい

ピカタを食べてみると、予想以上においしかったです。

 

泉屋はスパカツが有名ですけど、スパカツって実際のところそんなにおいしくないというか。
スパカツ基準で考えると、泉屋の別のスパゲティってスパカツ以上においしかったりするんですよね。

 

 

スパカツが有名なので
「スパカツが一番おいしいんでしょ?」
みたいなことをイメージしますが、決してそうではないんです。

 

スパカツは

  • 見た目
  • 香り
  • ボリューム

これらを楽しむものですね。

 

 

ピカタは大盛りでも飽きずに食べれました。
普通においしかったというか、スパカツが飽きやすすぎなんですよ。

 

自分は普通に大盛り食べれるんです。
でも、スパカツ大盛りだけは途中できつくなりますね。

 

 

確かケンミンショーの情報を思い出してみると、ピカタに入っているものは

  • チャーシュー
  • 竹の子

こういうものだと言っていました。

 

でも、そういう具よりとにかく
「オムライスのスパゲティ版だなぁ」
と思いましたね。

 

家でもがんばれば作れそうです。

 

 

 

 

スパカツほどの外食感がない

ピカタはスパカツよりおいしかったです。
でも、泉屋にいったらやっぱりスパカツを注文すべきだと思いました。

 

それはスパカツを注文しないと
「せっかく外食しにきたのに…」
なんて気持ちになるからです。

 

 

スパゲティなんて、家でも簡単に作れますからね。
スパカツなら、鉄板の上でぐつぐついって
「外食している感」
がありますけど。

 

他のスパゲティになると、どうしても地味なんですよね。

 

 

ピカタの味はおいしかったですけど。
泉屋にいったら、注文するのはまずはスパカツだと思います。

 

「前にスパカツ食べたしなぁ」
なんてことを思ったら、ピカタやら泉屋風を注文するといいと思います。

 

 

泉屋というか、スパカツは
「釧路民ならたまに食べないと…」
なんて感じを漂わせている気がします。

 

 

スパカツは旅行者が食べたら、多くの人が残すと思いますね。
油断しておなかが減ってもいないのに、泉屋でスパカツを注文すると、普段食べ物を残さない人も残してしまう気がします。

 

もしおなかに余裕がないときは、スパカツ以外のものを注文するのをおすすめします。
でも泉屋にきて、スパカツを食べたことがないのに、他のものを注文するというのも勇気がいるものだと思います。

 

 

そしてスパカツって見た目がいいし、鉄板でミートソースがぐつぐつ言っているのが愉快というか、爽快なので。
スパカツを好む人は、そういう点でスパカツを高く評価している気がします。

 

ピカタは見た目が地味ですからね。
でも、味の点ではスパカツよりよっぽど飽きずに完食できる、いいスパゲティだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ